あおぞら保育園についての回答

質問内容
・「あおぞら保育園は開設時の園児数が89名だったのが、25年度は入園希望者を含めると115名に増えた」とのことですが、これを根拠に「あおぞら保育園の環境及び安全性、快適性が支持をされた」と言い切ることができるのでしょうか?草津町で保育園といっても、選択肢が2ヶ所だけですので、個人的にはこの数字だけで判断するのは無理があると思うのですが・・・。

町長回答
・安全性の確保できない保育園に親は児童をあずけますか?よって安全性が確保され、評価された結果であると判断することに無理はない、とのことです。

個人的にはこの数字だけで判断して良いのか疑問は残りますが、見解の相違を説明するのは時間の無駄と感じ、次の質問に進みます。

質問内容からは少し外れますが、回答いただく間に、町長からはあおぞら保育園ができるまでの経緯を丁寧に説明いただきました。

町長発タウン誌 「belief」 第8号

町長発タウン誌 「belief」 第8号が新聞折込にて配布されました。
・特集・草津の新名所「御座之湯」の反応と経過
・草津観光公社経営改善とスキー場の再整備
・固定資産税の減免について
・平成25年度の主な福祉教育予算について
というテーマで書かれています。

町長発タウン誌 「belief」 第8号

町長発タウン誌 「belief」 第7号

町長発タウン誌 「belief」 第7号が新聞折込にて配布されました。
・教育環境の整備と観光公社改革の経過
・すでに着工したものと着工予定の計画について
・湯畑をダイヤモンド、周辺をリングで例えると
というテーマで書かれています。

町長発タウン誌 「belief」 第7号

町長発タウン誌 「belief」 第3号

町長発タウン誌 「belief」 第3号が平成24年1月30日に新聞折込にて配布されました。
知人にコピーさせていただけたので掲載します。
就任からの2年間を振り返り、財政改革、福祉教育、生活環境を中心に書かれています。

町長発タウン誌 「belief」 第3号

町長発タウン誌 「belief」創刊号・第2号、卓ちゃんだより15号

町長発タウン誌 「belief」 第2号が新聞折込にて配布されました。
創刊号は今まで掲載しませんでしたが、新聞折込での配布ですので、公共性の高いものとして公開することにしました。

町長発タウン誌 「belief」 創刊号 (2010/08/16)
ベルツ温泉センターと草津町、草津町の台所事情、バスターミナル前の足湯建設等について書かれています。

町長発タウン誌 「belief」 第2号 (2011/04/15)
湯畑再整備事業、東日本大震災への取り組み、あおぞら保育園について書かれています。

また、同じく今まで掲載していなかった「卓ちゃんだより」 15号も公開します。
卓ちゃんだより 15号 (2010年8下旬か9月上旬です)
ベルツ温泉センターの保育園化、議決の重さ、バスターミナル前の足湯建設、湯畑へのマイクロバス送迎自粛について書かれています。

情報くさつ続編

前回紹介しました町長発タウン誌「ビリーフ」創刊号につきましては、町長から掲載をお断りしますとの連絡をいただきましたので、「情報くさつ」の続編を紹介します。

情報くさつ(2010/8/20)

情報くさつ(2010/8/31)
(どちらもpdfファイルです)

卓ちゃんだよりにつきましては、まだ連絡が取れていませんので、連絡が取れしだい、経過を報告させていただきます。