くさつwatch無期限更新休止のお知らせ

私事ですが、政治活動を始めました。第三者視点の公平な記事を書くよう努めてまいりましたが、今後、別の場所で自分の意見を発信していこうと決意いたしました。

つきましては、第三者目線で公平な記事を書いてくれる後任者が決まるまで、くさつwatchの更新を休止とさせていただきます。

町政懇談会

5/28に行われた町政懇談会に参加してきました。草津町の予算について約1時間30分ほど説明、意見交換がされました。私も三点ほど質問させていただき、回答をいただきました。

観光公社のDESについて町長から説明がありました。
DESについては
町長発タウン誌「ビリーフ」 第7号
に詳しく書かれています。

また、この「ビリーフ」に書かれていた内容について、以前町長に質問をさせていただいた際に、丁寧にお答えいただきました。
「観光公社DESについて」

これによって観光公社のバランスシートも改善し、経営も黒字化し、ボーナスも支給できるほどになったとのことです。ありがたいことです。

これについて個人的に違和感を感じる点が一つ。事実上町から一億円を観光公社に投入し、これによって経営が良くなったわけですよね?もちろん、観光公社で働く方々の努力もあってのことだとは思いますが、ボーナスですか・・・?

例えば友人、知人、親戚が事業資金に困って援助したとします。これで事業が順調に回復したとします。援助した先から「おかげで社員にボーナスが出せたよ。」と言われたらどう思いますか?

経済的に余裕のある方なら、素直に「良かったね。」と思える方もいるとは思いますが、私のような庶民の中には、「ボーナス出せるほど余裕があるのなら少しは返してよ。」と思う人も多いのではないでしょうか?

個人の資産なら持ち主の自由ですが、観光公社のDESについては税金です。あげたものを返せというのもみっともない話ですが、町が約90%の株を持つ観光公社で、町から役員を2名派遣しているとのことならば、観光公社側から黒字分を町にお返ししますという提案くらいはあっても良いのではないかと。

観光公社で働く方々は一生懸命頑張って良く働いていると思います。ただ、援助を受けて黒字転換したのであれば、援助した側に還元することも必要なのではないかと疑問に思うだけです。

病院のたらい回し

先日、私の友人のお母様が亡くなりました。草津町内から午後1時ごろ救急車で西吾妻福祉病院に運ばれましたが処置できず、その後、群馬大学附属病院→前橋日本赤十字病院と救急車で移動し、最終的に午後7時ごろ、原町日本赤十字病院に運ばれましたが、到着時にはすでに危険な状態で、手術の末、命を落としました。原町日本赤十字病院の先生は、あと2時間早ければ・・・、と言っていたそうです。腸が裂けた痛みで救急車を呼んだとのことでしたが、その後約6時間、救急車でたらい回しにあい、原町日本赤十字病院に運ばれた時には敗血症でショック状態だったそうです。

前日までお母様は元気で、友人の弟さんと出掛けていたそうです。友人の無念そうな顔が忘れられません。私もお世話になった方ですので、このような形でお別れするのは辛いです。

助かるはずの命が病院のたらい回しで失われてしまいました。友人のお母様のご冥福をお祈りいたしますとともに、このようなことが今後無くなることを願います。

草津町長選挙と草津町議会議員補欠選挙

1月19日投開票の草津町長選挙と草津町議会議員補欠選挙の結果です。

草津町長選挙
黒岩信忠(現職)

草津町議会議員選挙補欠選挙(2議席)
中澤広夫(ひろお)
湯本晃久(てるひさ)

当選した方々、今後の草津町の発展のために頑張ってください。よろしくお願いいたします。